私ごと…『ちゃんとしてっ』


本日も、

私ごとですが…


「ちゃんとして」って…


これって方言?




ご訪問ありがとうございます。


【女性のためのお手当て】


上田市

癒しの手 くるくる

おおさわ のりこです。





「ちゃんとして」って、

よく言っちゃいませんか?



自分とペースが合わないひと、


一般的なルールから、

ちょっとずれているひと、


子どもにも、


ついつい、言ってしまう…


急がせてしまう…


型にはめようとしてしまう…



そういえば、

自分も


「ちゃんとしなさい…

そんなんじゃ、なんて言われるか…」


って、よく言われてたような…。



自分が言われてきたことを、


知らず知らずのうちに、


言っていた…




そもそも、

「ちゃんとする」って、なに?


調べてみたら、


⦅そもそもこの「ちゃんとする」とは、キチンとしている、乱れがなく整っている、間違いがない、といった意味になるかと思います。

語源の由来としては「丁度(ちょうど)」と同様の意味の「丁と(ちょうと)」との文言から来ていると言われているようです。この「丁と(ちょうと)」とは、「力強くかみ合う様」「音を立ててぶつかり合う」といった意味があり、この隙間なく音を立ててかみ合う、というのは、イメージからすると金属の歯車などがガチャガチャと正確に動く様、と言ったイメージになりますでしょうか。

「がちゃんがちゃんと」から「ちゃんちゃんと」と変化していったのがなんとなく思い浮かびますね。⦆


とのこと。





乱れがない…


力強く噛み合っている…


なんだか、

力んでいる感じ…。




「ちゃんとしなさい~だから…」


のあとは、だいたい、


ひとの目をきにしている言葉が繋がっている…



ひとの目を気にして、


力んでいたのは、


私だった…。


「ちゃんとして」って言っていた自分。



私が、

もっと、ちゃんとしなくちゃ…と、


人の目、


世間の目を、


一番、気にしていた。



自分を苦しめ、


さらに、


姫も苦しめていたのかも。





姫らしく、


あのキラキラした目で、


楽しんでもらいたい…。


ただ、それだけなのに…。



でも、


言っていた…


求めてしまっていた…





母ちゃんにできること…


もう、


「ちゃんと」は、いらないのかも…。


“ちゃんとしたかあちゃん”は、


いらないのかも…。




少しずつ、


「ちゃんと」思考を手放していこう…。









本日は、
「私ごと」にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


上田市
癒しの手くるくる
おおさわ のりこ

ansokushin 安足心

長野県上田市の ボディケアサロン 「癒しの手くるくる」です。 みんなの心をほんわかに… 心~子宮~カラダの 繋がりを大切に、 安心して人生を歩んでいけるカラダ創りをサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000