一緒に楽しく美味しいひとときをどうでしょう~♪




自分の

カラダに合った漢方茶をブレンドしませんか?


10/13(金)10:30~15:30

窪田幸子先生の1Day漢方茶レッスン♪@小諸



私が、幸子さんの漢方茶を好きな理由…

飲みやすく、続けられるからです(⌒∇⌒)




2年ほど前の梅雨時期、

風邪をひき、長引かせました…


熱が38度以上になり、

薬を飲むといったんは、解熱。

でも、効力がおちると、また発熱。


抗生剤もイマイチ当たらず、

医師もいろいろと考えて処方してくださいました。


でも、熱があがる…


こんなことが2週間ちかく続きました。



解熱剤で熱をさげ、そしてまたあがる…

この繰り返しがとても辛かった…


どうせ熱が上がるのなら、

薬をいったんやめてみよう!

辛いのは一緒だよな…と

思い、薬をすべてやめてみました。


そして、

お番茶に梅干し、大根おろしをいれて飲み、

寝ました…可能なかぎり、寝ました…


すると、

自然と汗をかき、


だんだん熱がさがってきました…

2、3日後には、微熱程度に。


あれあれ…

なんだったの?というかんじでした。


ただ、

長引いた分、体力も消耗し、

回復には時間がかかりました…



薬が…

病院が…

とまでは、言いません。

薬も病院も時と場合によっては、大切です。


でも、なぜだろう…がいっぱいでした。




思い返すと、毎年、

梅雨時期は、苦手。

カラダがだるく、疲れがとれにくい…

そして、

夏を向かえます。

だから、夏も疲れやすかった…。

まわりからは、「ムリをするから…年のせい…?」

と言われてました。


確かに…それもあるけど…

でも、それだけ?

う~ん…

と、腑に落ちず…。



と、思っていたときに、


幸子さんの「氣・血・水」「陰陽五行」の講座に出会い、

漢方茶をブレンドしてもらいました。



私の体質、

梅雨が弱いのは…

ならば、いつの時期の養生が大切か…


そうなのです…

日々の生活、衣、食を見直してみるだけで、

少しずつ変わってきます。


毎日の積み重ねで

カラダって成り立っているんですよね!


調子が悪いときだけ、氣をつけてもダメなのですよね!



今年は、2月~幸子さんの

“私のための漢方茶”を飲ませてもらってます。



そして、

今年の梅雨~夏は、ダウンすることなく、

しかも、

しんどさも感じないで過ぎてました\(^o^)/





自分に合ったものを

ムリなく、続けられる…


シンプルだけど、大切なこと。


元氣でいられる基本なのですね(⌒∇⌒)




たくさんの方に、元氣で若々しくいていただきたい…


自分に合ったものをみつけていただきたい…



一緒に

楽しく、おいしいひとときをどうでしょうか~♪





本日も最後までお読みいただき、

ありがとうがざいました。


癒しの手 くるくる

おおさわ のりこ

ansokushin 安足心

長野県上田市の ボディケアサロン 「癒しの手くるくる」です。 みんなの心をほんわかに… 心~子宮~カラダの 繋がりを大切に、 安心して人生を歩んでいけるカラダ創りをサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000